Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

        Presencing Somatics Trillium Institute Japan

Manual Therapy for Personal Transformation                                

レイキ プラクティショナーの集い

詳細追加 4/11

この集いは、レイキを学んでいる方、またはプラクティショナーのための時間です。

レイキをいつ、誰から教わったかといったことは関係ありません。また、レイキを実践しているか、あるいは忘れてしまったか、また何を教わったか、そしてレイキを自分や人に定期的に実践をしているか否か、それも関係ありません。

私は1989年にレイキマスターとなり、長年に亘って教えて来ましたが、私が昔教わったことに関しては、多くの疑念を感じることがありました。

レイキにまつわる様々な物語や神話のような話のために、不幸にもレイキがカルトや宗教団体のもののように受け取られることもあり、誤解をされるとともにそうした考えが生み出したヒエラルキーを利用するマスターも数多く存在して来ています。

レイキのアテュンメントによって、エネルギーに目覚めるのは事実でしょう。そしてそのエネルギーの流れによって、プラクティショナーとクライエント(相手の人)に相互的にヒーリングの作用と変化が起こるのも不思議はないでしょう。また、その状況の中ではプレゼンス(今の瞬間)が共有され、変容が起こるとも言えるかと思います。

所謂「ヒーラー」となった人々は、その胸に何を抱いているのでしょうか。私がかつてインタヴューをした偉大なヒーラーたちの多くは、なぜその晩年に人から隠れるように姿を消したりしたのでしょうか。

レイキについての迷信や、新たに理解をし直すべき点を含め、ヒーリングとヒーラーについてもこのセミナーで扱うつもりです。以下は、お話しする予定のトピックです。

  • ヒーラーとして、自分を守る必要はない
  • 内面の修養は常日頃必要とされるものである
  • 他の人からヒーリングを受ける必要性
  • 遠隔ヒーリングは怪しく妙なものと捉える必要はない
  • 真のヒーリングとは、共有される経験である
  • 祈りを捧げなくてはならない昇天したマスターなど存在しない
  • 臼井はごく普通の人間だった
  • いかなる形態のヒーリングであっても、門人や弟子、流派に属しなければならないことはない
  • ヒーリングとは、分離隔絶を終えて調和の道を進むことに自ら参加すことである
  • 他のボディワークの手技とどのようにレイキを併用するか

レイキの誤解やこれまでの疑問を解き放ち、ヒーリングのひとつのツールとしてレイキを用いる機会を得られる時間にしてみましょう。

使い方が分からない、忘れてしまった、習ったことが納得できない、といったご質問や実践方法などについてもお話をするとともに、ヒーリングの核心へと進んでみましょう。

この集まりは、レイキを学び、実践している人々が共に発見したことを話したり、学びを共有する機会でもあります。

レイキの始まりは謎で覆われており、レイキの使い方やどのように作用するのかといったことについては様々な話を耳にしてきていることでしょう。これまでの歴史の中の人々もそう考えてきているでしょうが、現代であっても、レイキを実践する人の多くが、どのように、いつレイキを用いればよいのかについて、多くの疑問を抱えているでしょう。

レイキの用い方について最前の、他にはない理解をしている、あるいはそれを他の人たちにも教えるべきだとと主張する人々も数多くいます。おそらく私たちはそれぞれ、共有するに値するような特別な知識を持っているとは言えるのかもしれません。

私たちの場合には、他の手技や治療法、セラピーなどとのレイキの併用の仕方についての幾つかの方法があるということについてはお伝えできる面があるかと思います。

ジャックは1989年からレイキマスターとなり、以来何百人という方々にレイキを伝えてきています。また、大学院では11人の著名なヒーラーたちについての研究をすることにより、ヒーリングの核心とヒーリングを生業とする人々のディレンマについても研究してきました。彼らは、ヒーリングというものが人生にとってどのような生きがあるのかを真摯に打ち明けてくれました。そのためジャックは、次のような信念を持つに至ったのです。

「すべてのヒーリング法から魔術的な信念を取り払い、ヒーリングというものが他の人々に対する特別意識や周りとの隔離・分離を終えるものだと理解できるようにしていこう。すべてのヒーリングは、自ら参与することなのだ」と。

レイキを実践する方々が、この生き生きとした夕べに参加されることを願っています。

お申し込み・お問い合わせはこちら