Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

        Presencing Somatics Trillium Institute Japan

Manual Therapy for Personal Transformation                                

クライエントの役割 アドヴァンス・より発展的なテーマを扱う

*手技やボディワーク経験を問わずご参加になれます。特に難しいとされる疾患などのケース、終末期のためのケアなどに関わる内容も見ていきます

クライエントの役割とは、ヒーリングを行うティームのなかでプラクティショナと同等のものであることに強調を置きたいと考えています。

誰しも人生のなかで難しいことは起きてきますが、誰しもその人のヒーリングにおいてヒーリングを行うパートナーとなる能力を備えています。クライエントは、身体の中で自分の人生を生きています。私たちは、クライエントの痛みや、過去での怪我や痛めた経験を持ち越している部位に働きかけ、意識的にクライエントが変化を遂げられるよう、情報を入力するような役割を果たしていると言えます。クライエントがセッションにおいてより直接的に参加して、ソマティクス的に気づけるようになるほど、クライエントは自身の恐れや偏見、人生における選択にさえももっと直接的に関わるようになり、その人独自の課題を自分の力でこなしていけるようにさえなっていくのです。

プレゼンスの状態になり、仲間と新たな発見を分かち合い、自分自身の内なる導きと繋がることによって、皆さんの多くはご自身のインナーライフ(精神的な内面の生活)に入るステップをすでに踏んでおられることでしょう。クライエント自身のヒーリングに関わるというステップを歩む中では、私たちが受けとっている同じプレゼンスの贈り物をクライエントにも手渡すのです。クライエントの多くは、自分の役割を考えることなくただ治してもらおうと期待して来ます。それは、自分の身体意識を用いれば身体の部位にもっとも直接的に働きかけられること、自分で演じられる役割があることを知らないだけなのです。さらに、自分の脳を能動的に変化させ、意識を育てられることもまだ気づいていないのです。

スピリチュアル・精神的な発展とボディワークにおける身体との関わりは切り離すことのできない要素です。身体という精密でもっとも優れた機能を備えた存在は、私たちに精神性を教えてくれる装置でもあるのです。身体に働きかけるとは、私たち自身の精神を健やかにし、ものの見方や身体との関係性、人との関係性、また人生との関係性を統合性のあるものとし、さらに身体と意識を発展させられる行為なのです。

この大きく広がったわくわくするような地図を見ていく二日間を共に過ごし、身体と意識、心と精神で体験していきましょう。