Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

        Presencing Somatics Trillium Institute Japan

Manual Therapy for Personal Transformation                                

アドヴァンス(上級)下半身クラス

ディコンプレッション ソマティクスとサイド-ライイング ソマティクス、

アセスメントを用いて

下半身の問題を扱う際には、

・症状のパターン、繋がりを見極めるアセスメント(査定)

・症状の原因部分や症状に関わる他の部位、組織などを知る力

・解放を促す技術とその解放を保ちながら他の身体部分を自由にする技術

・連携した下半身全体の解放、それらの査定

・ある部位を扱いながら、他の部位を感じる繊細さ

・必要充分を知る

・プラクティショナ自身の身体の使い方(ボディメカニクス)

ざっと挙げただけでも上記の内容を網羅すること必要になります。

脚のある部分に痛みや緊張がある場合、他のどの部分との繋がりや連携を見、解放してゆくことができるのでしょうか。例えば、座骨神経痛、股関節の問題、膝の慢性的な痛み、足部のアーチや歩き方の問題、外反母趾、足関節の問題(捻挫や骨折など)、古い怪我や痛めた経験、腰や仙骨、そけい部、腸腰筋などの繋がりなど、下半身は身体を支えるだけに多くの部位が連携しているため、繋がりと機能を意識したセッションが必要になります。つまり、症状がある部位のみへのアプローチと視点では不十分です。

このクラスでは、下半身の問題を臨床的に扱います。それぞれのケースで、サイド形式がいいのか、仰臥でどのように解放をすることができるのか、それぞれのポジショニングでの査定と手技の用い方、どの部位とどの部位に注目して問題にアプローチをするのか、どう感じることが次の手を教えてくれるのか、クライエントのフィードバックをいかに情報として用いるのか、呼吸を使ってどのように意識をもたらすのか、といったことを実践的に学んで頂きます。

このクラスの受講には、サイド-ライイング ソマティクス(下半身)とディコンプレッション ソマティクス(FDS, DS I)の既習が前提となります。これらのクラスで学んだ技術と理論、原理を踏まえた上でこのアドヴァンスクラスの内容を構成するので、復習とともに技術向上、これまでに学んだ内容の連携作業、深いレヴェルのそれぞれの動きの中での繋がりなどを習得/発展させることになります。     

ジャックより

このクラスでは、クライエントが要することに達して行く能力を高め、これまで実践しているDSとSLSの技術をより効果的でスムーズに組み合わせたセッションを行えるようにしていきます。

通常のセッションにおいて、私たちはサイド(横臥)と仰臥、または伏(腹)臥姿勢を行ったり来たりして施術できますが、それはクライエントの状況次第でセッションを進め、姿勢を決めて行くものです。例えば、妊婦の場合、長い間仰向けではいられないものなので、心地よくいるためにも時々姿勢を変える必要があります。また、肩や股関節を痛めた人の場合は、痛めた肩矢股関節とは反対側を下にして横になるほうがよいかもしれません。その姿勢であれば、痛めた部位に穏やかに、より広範囲で施術を行うことができるからです。

腰痛のある人に対して、仰臥姿勢で膝に支えを入れれば素晴らしく治療的な施術を施すことはできるものの、通常はサイド(横臥)でまず腰と骨盤にワークをしてから仰臥にする方がよりよい施術を行うことができます。

この上級クラスではこれらの様々な可能性に集中して学べる環境を作ります。

私が通常のセッション内で、どのようにディコンプレッションとサイド、そして動きを入れたトレガーの技術を組み合わせ、施術と査定をするのかも学んで頂けます。また、これまでに皆さんが学ばれたDSとSLS、トレガーなどのそれぞれの動きがどのように関連し合い、効果を高める結果を生み出すのか、またそれぞれの動きをどう用いることでクライエントの状態を見極め確認した上で、どのような技術を試してみられるのか、即興的な部分も深めて行きましょう。

開催:2013年11月16-17日(土日)

お問い合わせ・お申し込みはこちら